1. ホーム
  2. 復刊書籍 全商品

復刊書籍 全商品

1 2 3 4 >>

米国よりの脚本集

米国よりの脚本集

佐藤 健 
発行:1920年

アメリカで半生を過ごした明治生まれの劇作家による脚本集で、「炎のお七」・「アップル花嫁」・「腐れ武士」の三篇を収める。どの戯曲も男女の自由恋愛を主題としており、因襲や家のしがらみを跳ね除けて自らの思いを成就させようとする姿をスピード感のある筆致で描いている。

復刊作業中

唯一筋の路

唯一筋の路 ―晩年の日記―

河合栄治郎 著、他
発行:1948年

 経済学者であり自由思想家であった河合栄治郎の、1935年から没年(1944年)に至るまでの日記・遺稿集。

復刊済み

東宮御渡欧記 乾の巻

東宮御渡欧記 乾の巻

溝口白羊 著
発行:1921年

 本書は、当時皇太子であった昭和天皇が1921(大正10)年3月3日から9月3日までに行ったヨーロッパ訪問の記録。

復刊済み

田中正造 晩年の日記

田中正造 晩年の日記

林廣吉 解題
発行:1948年

本書は、昭和23(1948)年「明治文化叢書」の一冊として刊行。内容は大きく「解題篇」と「本文篇」の二つに分かれており、前者には林廣吉による田中正造の簡潔な評伝、後者には明治43(1910)年から大正2(1913)年にかけての正造の日記が収められている。

復刊済み

不在地主

不在地主

小林多喜二 
発行:1930年

本書は、「日本プロレタリア傑作選集」の一冊として昭和5(1930)年に刊行された。このシリーズは全13巻で、黒島伝治・徳永直・葉山嘉樹など、プロレタリア文学の旗手たちの作品を集めている。本書には、表題作「不在地主」と「救援ニュースNO.18.附録」の二篇が収録されている。

復刊済み

震災日誌

震災日誌

染川藍泉 
発行:1981年

「志んさい日誌」は、当時十五銀行本店庶務課長だった著者が
達者な文章で綴った、震災当日から40日あまりの記録
(大正12(1923)年9月1日~10月10日まで)。

本書「震災日誌」は、その「志んさい日誌」に
成田龍一「解説・関東大震災と『帝都』復興」を加えた復刻版である。
この解説は、関東大震災とその後の復興を
都市と、そこに生活する人々に焦点をあてて詳らかにしている。

復刊済み

戯曲資本論

戯曲資本論

阪本勝 
発行:1931年

本書は、卓越した創造力をもって『資本論』第1巻の根幹を戯曲という形で表したもの。

復刊済み

海を渡りて野をわたりて

海を渡りて野をわたりて

牧野英一 
発行:1935年

著名な刑法学者が1925年に官命を受けて、アジア、ヨーロッパを巡り、諸外国の社会状況と法事情について視察した。本書はその際の随想録である。

復刊済み

文學界派 明治浪蔓主義評論

文學界派 明治浪蔓主義評論

榊原美文 
発行:1948年

本書は雑誌『文学界』に掲載された主要な評論の選集であり、昭和23(1948)年に「明治文化叢書」の一冊として刊行された。内容は大きく「解題篇」と「本文篇」の二つに分かれており、前者には国文学者の榊原美文による解説、後者には23本の評論が収められている。

復刊済み

支那思想研究

支那思想研究

橘樸 
発行:1938年

著者は清末から日中戦争期にかけての中国で活動した日本のジャーナリスト・評論家であり、屈指の「中国通」であった。本書は、主に1920年代に書かれた中国の宗教・道徳思想、社会改革思想、さらに民族性などに関する論文を集める。

復刊済み

戦争の理論

戦争の理論

発行:1937年

日本評論社の看板雑誌だった「日本評論」は、1926年に日本評論社で創刊された総合雑誌「経済往来」の通巻号数を引き継ぎ、改題するかたちで、35年10月号から刊行された総合雑誌。本書は、「日本評論」1937年12月号の付録であるが、12名の著者の論文集である。

復刊済み

議会制度論

議会制度論

美濃部達吉 著
発行:1948年

古代から中世の議会制度の起源から論じ、イギリス、アメリカ、フランス、ドイツの議会制度を比較し、その組織、権限ならびに議院法について叙述した比較研究。

復刊済み

戦時経済統制論(1)〜(3)

戦時経済統制論(1)〜(3)

赤松 要 
発行:1940年

雁行形態論を提唱したことで知られる赤松要(1896-1974)は、戦時には国家的統制の意義を強調した経済学者でもあった。『新経済学全集』の三冊に分割して掲載されていた論文を、一つにまとめる。

復刊済み

陸軍省沿革史

陸軍省沿革史

山縣有朋 監修、他
発行:1942年

 本書は1905(明治38)年11月21日に陸軍省によって刊行されたもので、1868年から日露戦争の前年の1903(明治36)年の間を取り上げた官選の明治陸軍軍制史である。

復刊済み

憲法学の基本問題

憲法学の基本問題

田畑 忍 著
発行:1949年

著名な憲法学者である著者が、法、憲法、国家、政治に関する論文をまとめたもの。はしがきにおいて、本書の基調をなす見解は、法と国家と政治とは、概念的に同一範疇のものであるのみならず、国家が中心的な契機となって、それが可能になっているという趣旨であると述べている。

復刊済み

1 2 3 4 >>

  • 日評アーカイブズとは
  • 予約・購入の方法
  • 復刊PDF・書籍ができるまで
  • よくあるご質問

復刊書籍カテゴリー

復刊候補カテゴリー

■上の目録につき、掲載書籍の著作権者あるいは著作権を承継された方、また内容にお気づきの点がございましたら、こちらまでご連絡いただければ幸いです。

■図書館のみなさまへ
納品・支払方法など、ご要望にお応えします。こちらまでご連絡ください。

このページの先頭へ