1. ホーム
  2. 社会科学

社会科学

1 2 3 4 >>

戦争の理論

戦争の理論

発行:1937年

日本評論社の看板雑誌だった「日本評論」は、1926年に日本評論社で創刊された総合雑誌「経済往来」の通巻号数を引き継ぎ、改題するかたちで、35年10月号から刊行された総合雑誌。本書は、「日本評論」1937年12月号の付録であるが、12名の著者の論文集である。

復刊済み

議会制度論

議会制度論

美濃部達吉 著
発行:1948年

古代から中世の議会制度の起源から論じ、イギリス、アメリカ、フランス、ドイツの議会制度を比較し、その組織、権限ならびに議院法について叙述した比較研究。

復刊済み

戦時経済統制論(1)〜(3)

戦時経済統制論(1)〜(3)

赤松 要 
発行:1940年

雁行形態論を提唱したことで知られる赤松要(1896-1974)は、戦時には国家的統制の意義を強調した経済学者でもあった。『新経済学全集』の三冊に分割して掲載されていた論文を、一つにまとめる。

復刊済み

陸軍省沿革史

陸軍省沿革史

山縣有朋 監修、他
発行:1942年

 本書は1905(明治38)年11月21日に陸軍省によって刊行されたもので、1868年から日露戦争の前年の1903(明治36)年の間を取り上げた官選の明治陸軍軍制史である。

復刊済み

憲法学の基本問題

憲法学の基本問題

田畑 忍 著
発行:1949年

著名な憲法学者である著者が、法、憲法、国家、政治に関する論文をまとめたもの。はしがきにおいて、本書の基調をなす見解は、法と国家と政治とは、概念的に同一範疇のものであるのみならず、国家が中心的な契機となって、それが可能になっているという趣旨であると述べている。

復刊済み

新版 刑法講話

新版 刑法講話

瀧川幸辰 著
発行:1987年

著者は、日本におけるいわゆる客観主義刑法学とりわけ
自由主義刑法学を樹立した刑法学の泰斗として知られる。

初版は昭和26(1951)年度の毎日出版文化賞を受賞した。

本書は「一般向きの読み物」とされているが、罪刑法定主義の人権保障機能を最重要視し、国家の刑罰権の濫用からいかに個人の人権を保障するかを中心に理論を構成しており、瀧川の刑法理論の神髄が簡潔・平易な言葉で叙述されている。

復刊済み

社会学大意

社会学大意

高田保馬 
発行:1950年

高田保馬は経済学と社会学の両分野に巨大な足跡を残した。本書でも、あくまで法則科学として社会学をとらえる姿勢を貫き、歴史の事実は「例示であっても社会学の内容をなすべきものではない」と述べ、歴史的社会学を「形容矛盾」として斥ける。法則の基礎となる社会関係についての知識を広く取り上げていることも特色の一つ。

復刊済み

新憲法逐条解説

新憲法逐条解説

美濃部達吉 著、他
発行:1956年

日本国憲法が公布されてまもなく、美濃部は、「(新憲法の)趣旨を完全に実現せしむるためには、全国民の努力が必要であり、而してそれには憲法に関する建全な知識を一般に普及することが、当然の前提とならねばならぬ。」(「序」より)として平易簡明な逐条解説を法律時報に連載し(1946~47年)、続いて『新憲法逐条解説』としてまとめ(1947年7月刊行)、それを宮澤俊義が増補したのが本書である。

復刊済み

人権宣言論 外三篇

人権宣言論 外三篇

ゲオルグ・イェリネック 著、他
発行:1948年

本書は、ドイツの高名な公法学者ゲオルグ・イェリネック(Georg Jellinek 1851~1911年)の著した4篇を、表題については逐語訳、その他の3篇については大意を抄訳・紹介したもの。

復刊済み

第八路軍従軍記

第八路軍従軍記 一アメリカ婦人記者の手記

アグネス・スメッドレイ 著、他
発行:1938年

アメリカ人ジャーナリストであるアグネス・スメッドレイ(Agnes Smedley, 1892-1950)が、日中戦争中に中国共産党軍に同行して書いたルポルタージュ。

復刊済み

ヒットラーは何を求るか

ヒットラーは何を求るか

イ・オ・ロリマー 著
発行:1939年

当時、ナチス・ドイツと同盟関係にあった日本にとっては、本書は許されない書籍だったであろうが、皮肉にも今となっては、同時代に刊行されたナチス・ドイツの批判書としてかなり価値のある書となっている。

復刊済み

三民主義

三民主義

孫中山(孫文) 著、他
発行:1947年

 中華民国革命の立役者となった孫文。その中心的思想である 「三民主義」 を、 自らが語った講演録。

復刊済み

統制法令集

統制法令集

末弘厳太郎 監修、他
発行:1938年

418もの統制法令を、国家資源、産業、財政、電気・瓦斯、交通、社会の6章、さらに細かく分類して掲載(詳細は目次参照)。序文は末弘厳太郎。

復刊済み

憲法改正の経過

憲法改正の経過

佐藤 功 著
発行:1947年

本書で取り上げられる「憲法改正」とは、大日本帝国憲法から日本国憲法への「改正」である。ポツダム宣言受諾後、様々出された憲法草案の内容と議会での審議、公布までを詳細に解説している。

復刊済み

近代経済学の基本性格

近代経済学の基本性格 ―近代性の探究―

杉本栄一 著
発行:1949年

 近代経済学の「近代性」と意義を、マルクス経済学の再検討およびそれとの対峙を通じて明らかにしようとした論文集。

復刊済み

1 2 3 4 >>

  • 日評アーカイブズとは
  • 予約・購入の方法
  • 復刊PDF・書籍ができるまで
  • よくあるご質問

復刊書籍カテゴリー

復刊候補カテゴリー

■上の目録につき、掲載書籍の著作権者あるいは著作権を承継された方、また内容にお気づきの点がございましたら、こちらまでご連絡いただければ幸いです。

■図書館のみなさまへ
納品・支払方法など、ご要望にお応えします。こちらまでご連絡ください。

このページの先頭へ