1. ホーム
  2. 予約数ランキング

予約数ランキング

第1位

法学通論 全訂版

法学通論 全訂版

穂積重遠 著
発行:1949年

戦前の憲法をはじめとする法体系を前提に書かれた初版が、日本国憲法の公布、民法大改正を受けて大改訂された。
それが「第9章 法律の体系」に現れている。

戦前・戦後の歴史を考える上でも意義深い書である。

復刊まであと4人 復刊まであと4人

第2位

米国よりの脚本集

米国よりの脚本集

佐藤 健 
発行:1920年

アメリカで半生を過ごした明治生まれの劇作家による脚本集で、「炎のお七」・「アップル花嫁」・「腐れ武士」の三篇を収める。どの戯曲も男女の自由恋愛を主題としており、因襲や家のしがらみを跳ね除けて自らの思いを成就させようとする姿をスピード感のある筆致で描いている。

復刊まであと8人 復刊まであと8人

第3位

判例百話

判例百話

穂積重遠 
発行:1933年

最高裁判事も務めた著者による、「珍しい事件」「面白い裁判」についての100の小話(引用判例は129件)。1話2~5ページほどの読み物であるが、それぞれの事件・裁判の肝がコンパクトに整理・紹介されており、「民法・商法・刑法が生きて働いて居る所」がわかるようになっている。

復刊まであと9人 復刊まであと9人

第4位

今日の問題

今日の問題

杉村広太郎 著
発行:1938年

明治末期から昭和前期にかけて活躍したジャーナリスト ・ 杉村楚人冠(1872-1945)が、 東京朝日新聞夕刊に連載していた時事寸評をまとめたもの。

復刊まであと9人 復刊まであと9人

第5位

日本の時計

日本の時計

山口隆二 
発行:1950年

不定時法が採用されていた江戸時代,それを表示可能な機械式時計として独特の発達をした「和時計」について,多数の写真とともにその機構を解説した.併せて日本の時計産業上の位置付けについて述べている.

復刊まであと11人 復刊まであと11人

第6位

資本主義の法律的基礎

資本主義の法律的基礎

カール・ディール 著、他
発行:1931年

 著者のカール・ディールは当時ドイツ・フライブルグ大学の経済学教授で、社会科学界においては著名な学者であった。本書は、講演録の翻訳であり、著者はマルクス、ゾンムルト、シュマーレンバッハやウェーバーの資本主義論を論じながら、自説を展開している。

復刊まであと11人 復刊まであと11人

第7位

北支那経済綜観

北支那経済綜観

南満州鉄道株式会社産業部 編
発行:1938年

いわゆる「支那事変」の翌年に刊行された本書は、事変が最初の広がりを見せた華北地方の産業の状況について、基礎的な資料を提供しようとしたものである。

復刊まであと13人 復刊まであと13人

第8位

ホルモン

ホルモン

鈴木梅太郎 
発行:1941年

(「序」より抜粋)余の研究室に於ては,従来主としてビタミンと栄養の問題を研究し来つたが,最近数年来ホルモンの方面にも進出しつつある.

復刊まであと14人 復刊まであと14人

第9位

市民の自由

市民の自由

戒能通孝 著
発行:1951年

「基本的人権」と「公共の福祉」にかかわる問題はいまもなお、重要な法律問題の一つである。著者は「公共の福祉」のためならば、基本的人権は犠牲にしてもよいという考えに絶対的に反対する。本書は英米法の判決を考察対象とし、その歴史を通じて日本法への示唆を与えるものである。

復刊まであと15人 復刊まであと15人

第10位

日本資本主義と国有鉄道

日本資本主義と国有鉄道

島 恭彦 
発行:1953年

島恭彦(1910-1995)は財政学の研究者であるが、官業論の一部として取り組んだ国鉄の問題に関心を引き付けられ、その研究に一時没頭し、その成果を本書にまとめた。

復刊まであと15人 復刊まであと15人
  • 日評アーカイブズとは
  • 予約・購入の方法
  • 復刊PDF・書籍ができるまで
  • よくあるご質問

復刊書籍カテゴリー

復刊候補カテゴリー

■上の目録につき、掲載書籍の著作権者あるいは著作権を承継された方、また内容にお気づきの点がございましたら、こちらまでご連絡いただければ幸いです。

■図書館のみなさまへ
納品・支払方法など、ご要望にお応えします。こちらまでご連絡ください。

このページの先頭へ