1. ホーム
  2. 人文科学
  3. 震災日誌

震災日誌

【著者】 染川藍泉 
【発行】1981年
【頁数】244ページ
本書は二つの部分から成っている。

「志んさい日誌」は、当時十五銀行本店庶務課長だった著者が
達者な文章で綴った、震災当日から40日あまりの記録である
(大正12(1923)年9月1日~10月10日まで)。
日誌の「後記」の日付は昭和5(1930)年3月28日となっている。

本書「震災日誌」は、その「志んさい日誌」に
成田龍一「解説・関東大震災と『帝都』復興」を加えた復刻版である。
この解説は、関東大震災とその後の復興を
都市と、そこに生活する人々に焦点をあてて詳らかにしている。

「『志んさい日誌』は染川藍染の冷静な筆による職場での罹災と、その再会の経緯、街の破壊と復旧を主軸とし、家族や親類のことがらをあいだにおりこみつづられた関東大震災から復旧の時期にかけての記録である。彼の心のうごきは当時の上層サラリーマンの心情をしめしてあまりあると思われるが、そのこととあわせ、ここに関東大震災の記録・体験記の新たな収穫を得たといいうる。」
(成田龍一「解説・関東大震災と『帝都』復興」より)

(底本は1981(昭和56)年8月10日発行の第1版第1刷)

----------
■本書の著作権承継者の方へ
小社宛にご一報いただければ幸いです。
問い合わせフォーム
・日評アーカイブズ:03-6744-0366
----------
販売価格 (PDFのみ):
1,728円(税込) 1,600円(税抜)
販売価格 (PDF+POD):
6,804円(税込) 6,300円(税抜)

※「POD」「PDF」とは?

復刊済み

タイプ: 数量:

  • カゴに入れる

目次

解説・関東大震災と「帝都」復興 成田龍一
志んさい日誌 染川藍泉
  • 日評アーカイブズとは
  • 予約・購入の方法
  • 復刊PDF・書籍ができるまで
  • よくあるご質問

復刊書籍カテゴリー

復刊候補カテゴリー

■上の目録につき、掲載書籍の著作権者あるいは著作権を承継された方、また内容にお気づきの点がございましたら、こちらまでご連絡いただければ幸いです。

■図書館のみなさまへ
納品・支払方法など、ご要望にお応えします。こちらまでご連絡ください。

このページの先頭へ