1. ホーム
  2. 社会科学
  3. 法哲学概論

法哲学概論

【著者】 尾高朝雄 著
【発行】1949年
【頁数】454ページ
著者は、著名な法哲学者である。
1935年に日本評論社から出版された著者の『法哲学』は、1937年に改訂版が出版され、それらをベースに構成、内容を充実させたものが本書である。

とくに法哲学に基本問題を論じた第2編は、新たに章を起こして論じた、とはしがきに記されている。著者の思想を知るには、最適の書である。

なお、本書刊行の時期に憲法学者の宮澤俊義氏との間で行われた、日本国憲法下における主権の所在に関する論争(尾高・宮澤論争)も知られている。

(底本:1949(昭和24)年3月10日発行 第1版)
予定価格 (PDFのみ):
3,080円(税込) 2,800円(税抜)
予定価格 (PDF+POD):
11,000円(税込) 10,000円(税抜)

※「POD」「PDF」とは?

復刊まであと人 復刊まであと18人
2人が予約済み
  • 予約するにはログインしてください

目次

緒論
 一 哲学と科学
 二 社会哲学
 三 法哲学
 四 法哲学の問題
 五 法哲学の傾向

第一編 法哲学の傾向

 第一章 法哲学の成立
  一 ギリシャにおける法哲学の成立
  二 プラトンの法哲学思想
  三 アリストテレスの法哲学思想
  四 ストア学派、エピクロス学派、およびキケロ
  五 中世の神学的法哲学

 第二章 法の形而上学
  一 近世初期の自然法論と国家契約説
  二 カントの法哲学
  三 カントからヘエゲルへ
  四 ヘエゲルの法哲学
  五 ヘエゲル法哲学の影響

 第三章 経験主義の法哲学
  一 歴史法学
  二 実利主義の法哲学
  三 目的法学
  四 自由法の運動と法社会学
  五 一般法学

 第四章 批判主義の法哲学
  一 新カント学派と法哲学
  二 批判的法哲学の体系
  三 法学方法論
  四 法の価値哲学
  五 純粋法学

 第五章 法における理念と現実の結合
  一 社会連帯の法理
  二 新自然法論
  三 全体主義の法哲学
  四 民主主義の法哲学
  五 法の現象学

第二編 法哲学の問題

 第一章 法の本質
  一 規範と事実
  二 法と道徳の区別
  三 法と道徳の牽連
  四 社会規範と強制規範
  五 法の定立・適用・執行の組織

 第二章 法の効力
  一 法の妥当性と法の実効性
  二 法の段階構造
  三 根本規範の実体
  四 法と実力
  五 主権の本質

 第三章 法の理念
  一 正義の形式と内容
  二 法内在的正義と法超越的正義
  三 人間平等の福祉
  四 個人主義と国体主義
  五 正義と秩序の調和

 第四章 法の理念の実現
  一 法の理念を実現する者
  二 国家における法と政治
  三 独裁主義と民主主義
  四 個人の権利
  五 法と世界

 第五章 法学の方法
  一 法学における理論と実践
  二 法解釈学の任務
  三 法規範学
  四 法社会学
  五 法哲学

参考文献
人名索引
このページの先頭へ