1. ホーム
  2. 社会科学
  3. 憲法学の基本問題

憲法学の基本問題

【著者】 田畑 忍 著
【発行】1949年
【頁数】354ページ
著名な憲法学者である著者が、法、憲法、国家、政治に関する論文をまとめたもの。

はしがきにおいて、本書の基調をなす見解は、法と国家と政治とは、概念的に同一範疇のものであるのみならず、国家が中心的な契機となって、それが可能になっているという趣旨であると述べている。

そのような視点から構成された本書は、現代の憲法、国家、政治の関係を考察するうえでも重要な文献であるといえる。

(底本:1949(昭和24)年6月25日発行 第1版)

----------
■本書の著作権承継者の方へ
小社宛にご一報いただければ幸いです。
問い合わせフォーム
・日評アーカイブズ:03-6744-0366
----------
販売価格 (PDFのみ):
2,592円(税込) 2,400円(税抜)
販売価格 (PDF+POD):
9,720円(税込) 9,000円(税抜)

※「POD」「PDF」とは?

復刊済み

タイプ: 数量:

  • カゴに入れる

目次

第一章 憲法学の法律学体系における地位
 一 序説
 二 学問とその種類
 三 特殊的学問としての法律学
 四 法律学の諸部門と憲法学
 五 各国共通の憲法学と各国別の憲法学
 六 憲法学の性格

第二章 法律解釈の科学的可能
 一 解釈
 二 法の解釈
 三 法律解釈学
 四 法律解釈学の発達に於ける自由法学と論理法学
 五 学理的法解釈の科学性

第三章 道徳規範に対する法規範の優位
 一 規範としての法及び道徳
 二・三 道徳優位説概観
 四 道徳優位説の吟味
 五 法と道徳との相異に就ての諸説
 六 国家の一元的規範たる法
 七 道徳に対する法の優位

第四章 法に於ける慣習と條理
 一 法源
 二 習俗と習律
 三 慣習の法化
   (特註)慣習法の性格
 四 慣習法の成立
 五 條理
 六 條理を法なりとする立場の否定
 七 條理法の成立
 八 基本的條理法と派生的條理法

第五章 憲法と憲法意識
 一 諸言
 二 社会規範と社会意識
 三 法と法意識
 四 憲法と憲法意識
   (特註)我が国に於ける憲法概念の諸類型

第六章 憲法秩序論
 一 事実的秩序としての憲法秩序
 二 憲法的体系としての憲法秩序
 三 憲法により規律せられる生活過程としての憲法

第七章 法の妥当及びそれの根拠としての国家権力
 一 法的秩序としての法と権力関係
 二 法妥当の問題
 三 法妥当の根拠としての国家権力

第八章 国家・統治権及び主権の同似性
 一 国家の標識としての国権
 二 国権の本質
 三 国権・統治及び主権の關係に就ての学説
   〔Ⅰ総説 Ⅱ所謂正統学派に属する諸家の主張 Ⅲ所謂非正統学派の緒家の主張〕
 四 要約
   (特註)憲法制定権力論批判

第九章 統治及び統治権の解釈
 一 「帝国憲法義解」の解釈
 二 井上毅の解釈
 三 伊東巳代吉及び金子堅太郎の解釈
 四 穂積八束博士及び上杉愼吉博士の解釈
 五 陸実の解釈
 六 佐々木惣一博士の解釈と私見
 七 日本国憲法の主権及び国権と統治権

第十章 法及び法学の政治性
 一 二つの立場
 二 法と政治との交渉を否定する類型
 三 法と政治との交渉を認める類型
 四 政治の優位と法の覊束
 五 法の政治性と法学の政治性
  • 日評アーカイブズとは
  • 予約・購入の方法
  • 復刊PDF・書籍ができるまで
  • よくあるご質問

復刊書籍カテゴリー

復刊候補カテゴリー

■上の目録につき、掲載書籍の著作権者あるいは著作権を承継された方、また内容にお気づきの点がございましたら、こちらまでご連絡いただければ幸いです。

■図書館のみなさまへ
納品・支払方法など、ご要望にお応えします。こちらまでご連絡ください。

このページの先頭へ