1. ホーム
  2. 社会科学
  3. 三民主義

三民主義

【著者】 孫中山(孫文) 著
     沈覲鼎 訳
【発行】1947年
【頁数】366ページ
 中華民国革命の立役者となった孫文。その中心的思想である 「三民主義」 を、 自らが語った講演録。

 はじめ民国19年(昭和5年)に中国国民党中央執行委員会宣伝部を発行者として上海で印刷・発行された本を、 戦後 「日華叢書」 の第三巻として日本評論社から再刊したもの。

 翻訳は中華民国の外交官 ・ 学者で、孫文の同時代人でもある沈覲鼎による。巻末の平野義太郎による解説では、「訳者が日本人の及びえない中国語自身の内容の理解の上に、しかも原文に忠実に、そして暢達せる日本語に翻訳された苦心は並々ならぬものがある」と称賛されている。

(底本:1947昭和22)年6月15日発行 初版)

----------
■本書の著作権承継者の方へ
小社宛にご一報いただければ幸いです。
問い合わせフォーム
・日評アーカイブズ:03-6744-0366
----------
販売価格 (PDFのみ):
2,592円(税込) 2,400円(税抜)
販売価格 (PDF+POD):
9,072円(税込) 8,400円(税抜)

※「POD」「PDF」とは?

復刊済み

タイプ: 数量:

  • カゴに入れる

目次

はしがき
再版序
著者自序
民族主義
 第一講
 第二講
 第三講
 第四講
 第五講
 第六講
民権主義
 第一講
 第二講
 第三講
 第四講
 第五講
 第六講
民生主義
 第一講
 第二講
 第三講
 第四講
  • 日評アーカイブズとは
  • 予約・購入の方法
  • 復刊PDF・書籍ができるまで
  • よくあるご質問

復刊書籍カテゴリー

復刊候補カテゴリー

■上の目録につき、掲載書籍の著作権者あるいは著作権を承継された方、また内容にお気づきの点がございましたら、こちらまでご連絡いただければ幸いです。

■図書館のみなさまへ
納品・支払方法など、ご要望にお応えします。こちらまでご連絡ください。

このページの先頭へ