1. ホーム
  2. 社会科学
  3. 法窓雑記

法窓雑記

【著者】 末弘厳太郎 
【発行】1936年
【頁数】324ページ
末弘厳太郎の柔軟な思想が詰まった随筆集。

1933(昭和8)年に刊行された『法窓漫筆』(日本評論社)以後、一般雑誌に発表した論説・感想・随筆などを中心に収録したもの。このうち「法律時観」は、「法律時報」創刊以来、同誌のために書いた文章の中から、とくに一般向きと思われるものを掲載している。
(底本は昭和11(1936)年3月18日発行 初刷)
販売価格 (PDFのみ):
2,592円(税込) 2,400円(税抜)
販売価格 (PDF+POD):
8,856円(税込) 8,200円(税抜)

※「POD」「PDF」とは?

復刊済み

タイプ: 数量:

  • カゴに入れる

目次

法窓雑記
 一 教育と職業
 二 人は永遠に神を作る
 三 大学の自由
 四 動と反動
 五 試験の価値
 六 進歩と伝統
 七 認識不足
 八 矛盾の価値
 九 転向
岐路に立つ我労働法
非常時と労働法
退職手当と退職積立金法案
小工業と労働法
市電争議雑感
農村更生運動と小作法
著作権は差押へ得るか
社会時評
 一 天災と救護
 二 母子扶助法
 三 競技会と入場料
 四 帝国事件と司法権の威信
 五 飲酒道徳
 六 地方官の大更迭
 七 教科書の誤謬指摘
 八 オリムピックの問題
 九 会議の精神
 一〇 名家令嬢の家出
 一一 野球リーグの問題
 一二 娼妓取締法案
 一三 農業関係法案丸潰れ
 一四 警視庁のギャング狩
 一五 文部大臣の訓示
 一六 桜
車上遇話
一老農の話
法律時観
 一 収賄罪に関する雑感
 二 交通機関と公衆の安全
 三 国家試験の試験科目
 四 陪審員に対する一の疑ひ
 五 ローマ字投票とハイフンの問題
 六 無尽業法を徹底的に改正せよ
 七 裁判官は弁明しない
 八 私学財団主義に対する疑ひ
 九 司法警察と新聞紙
 一〇 弁護士と調停法
 一一 学位令の改正
 一二 試験と不正行為
 一三 怪文書取締法案
 一四 下級官吏と法学的素養
役に立つ育とは何か
入学難と就職難
  • 日評アーカイブズとは
  • 予約・購入の方法
  • 復刊PDF・書籍ができるまで
  • よくあるご質問

復刊書籍カテゴリー

復刊候補カテゴリー

■上の目録につき、掲載書籍の著作権者あるいは著作権を承継された方、また内容にお気づきの点がございましたら、こちらまでご連絡いただければ幸いです。

■図書館のみなさまへ
納品・支払方法など、ご要望にお応えします。こちらまでご連絡ください。

このページの先頭へ